西日本事業部 事業案内 West Area Service

OA関連リサイクル事業 新在家工場

HOME >  事業案内 >  西日本事業部:OA関連リサイクル事業

廃OA機器類のリサイクル

使用済みのOA機器のリサイクルが可能なシステム作り

デスクトップパソコン、ノートパソコン等、データ等流出の恐れのある処理に関して、手解体による分別・選別、データ消去機によるデータ破壊、物理破壊を行い、情報セキュリティ流出に関する対策を考慮した処理を行っています。
解体・分解後、分類された各素材は再生資源材としてマテリアルリサイクルいたします。

作業工程

データ流出防止対策

ハードディスク内のデータを完全破壊し、流出・流用を防止

データ流出の恐れのある、ハードディスク等の処理に関して、磁気破壊及び物理破壊により、最終は精錬会社にて希少金属抽出を行い、安全且つ付加価値の高いマテリアルリサイクル処理を行っています。
また、施設の防犯、作業専任者の特定並びに、施工前・施工後のハードディスクの施錠保管等にも、しっかり気を配った対策を講じています。

廃トナーカートリッジの完全リサイクル化

使用済み廃トナーカートリッジ処理について、粉塵爆発の恐れのある処理困難廃棄物として、処理委託を受ける業者が特定されてきています。
ダイトクでは、粉塵爆発防止設備にて、トナーを集塵し、マテリアルリサイクル及びサーマルリサイクルにて、安全且つ、適正に処理が可能です。

- 処理フロー:金属カートリッジの場合

カートリッジの切断 → 付着のトナー粉をエアブローで吹き飛ばし → 集塵機で強力に集塵してトナー粉を除去 → 再資源化(売却・燃料化)となります。

トナーボトル・トナーコンテナの場合

カートリッジの切断 → 付着のトナー粉をエアブローで吹き飛ばし → 集塵機で強力に集塵してトナー粉を除去 → 再資源化(売却・燃料化)となります。

部品のリユース

廃OA機器、遊技機等、本来資源としてリサイクルされるパーツを、排出事業者様のご依頼により、確かな作業フロー・厳しい選別・検品を行い、良品な物を「リユース部品」として返却するシステムを構築しています。

株式会社ダイトク 新在家工場

OA関連リサイクル事業

〒566-0055 大阪府摂津市新在家2-1-1
TEL 06-6827-6160
FAX 06-6827-5526

  • 産業廃棄物処理業者優良認定
  • 当社資料ダウンロード 会社案内・CSR報告書 etc
  • 採用情報
  • プラスチック高度リサイクル・システム ドックス
  • 使用済トナーカートリッジ解体処理装置
  • 廃LCDパネルよりのインジウム回収技術
  • 産廃情報ネット
  • 大阪府産業資源循環協会
  • 一般社団法人 大阪府トラック協会