HOME >  CSR活動 >  環境への取り組み

環境方針

産業廃棄物処理・リサイクル事業者として、排出事業者様からの処理の委託を受け、これらの産業廃棄物或は有価物の収集・運搬及び、中間処理を行い、リサイクル・リユース・販売する活動において、地球・地域社会の環境保護のコミットメントを果たすため、環境影響の低減に努め、環境マネジメント活動を自主的・積極的に展開していくことを経営の最優先課題の一つとして強く認識し行動します。

基本理念

産業廃棄物処理・リサイクル事業者として、排出事業者様からの処理の委託を受け、これらの産業廃棄物或は有価物の収集・運搬を行い、中間処理し、リサイクル・リユース・販売する活動において、地球・地域社会の環境保護のコミットメントを果たすため、当社における環境影響の低減に努め、環境マネジメント活動を自主的・積極的に展開していくことを経営の最優先課題の一つとして強く認識し行動します。

行動指針

(1)適用可能な環境法規制及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、取扱品の適正処理に努め、お客様から信頼される企業であり続けます。

(2)事業活動を通じて、資源循環型社会の実現に貢献するとともに、事業活動が環境に与える影響を認識し、環境汚染の予防、気候変動の緩和及び適応、並びに生物多様性及び生態系の保護に努め、地球環境への負荷低減と調和に努めます。

(3)リサイクル技術の開発を行い、省資源、資源化処理の向上・効率化を図り、持続可能な資源の利用を重点とした継続的な改善に取り組みます。

(4)環境マネジメントプログラムを策定し、目標を設定して全員でその達成に向けて行動し、定期的にシステムの見直しを行い、継続的に改善推進します。

(5)環境マネジメント活動の重要性を全員に教育・訓練を通じて意識の向上を図ると共に、環境方針に沿った行動を行います。

環境マネジメント認証・取得

環境マネジメントシステムへの構築の経緯とISO14001認証取得及び更新状況

ダイトクは2000年より環境マネジメントシステム(EMS)の構築に着手し、管理状況を調査しました。
その結果、地球環境を継続的に改善させるにはEMSの構築が重要であると考え、工場機能である産業廃棄物の資源リサイクル処理業務で2001年3月にISO14001の認証を取得致しました。

その後、2003年7月に産業廃棄物処理業務に関わる全工場の認証取得を経て、2013年3月に4回目の同認証更新登録を完了致しました。
さらに、2014年4月には有価物加工工場の認証も取得しております。
また、2017年3月には「ISO14001:2015」認証を取得致しました。

ISO14001審査登録証

エイエスアール(株) E1977

【製品、プロセス、サービスで特定される活動】
産業廃棄物(OA機器、廃サプライ品、LCD廃パネル、廃プラスチック)の再資源化処理、産業廃棄物の収集運搬処理並びに有価物加工処理

【登録された環境マネジメントシステムに含まれる組織等】
新在家本社工場:大阪府摂津市新在家2-1-1
柱本物流センター:大阪府高槻市柱本新町5-1
埼玉工場 :埼玉県加須市栄496-1
安威川工場:大阪府摂津市安威川南町3-37
西面工場:大阪府高槻市西面南3-22-1

作業環境の保全

種々様々な作業環境の中で、弊社において順守すべき作業環境に「騒音」「振動」「粉塵」の3項目に深く関わりを持っております。
また、これらの規制値を順守すべく、関連機器の届出はもちろん、その順守状況を確認する為に毎年1回、外部機関による各種測定を実施しています。

  • 産業廃棄物処理業者優良認定
  • 当社資料ダウンロード 会社案内・CSR報告書 etc
  • 採用情報
  • プラスチック高度リサイクル・システム ドックス
  • 使用済トナーカートリッジ解体処理装置
  • 廃LCDパネルよりのインジウム回収技術
  • 産廃情報ネット
  • 大阪府産業資源循環協会
  • 一般社団法人 大阪府トラック協会